健康空間 ウェルスペース/香川成人医学研究所

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • リンク

tel:0877-45-2311

健康空間 ウェルスペース/香川成人医学研究所

法人概要

【基本理念・基本方針】

基本理念

  • 1.
  • 健診・医療・運動療法・栄養指導など、健康にかかわる総合的な活動を通して地域の健康増進に寄与します。
  • 2.
  • 地域との連携を密にするため、地域が必要とする情報を最大限に発信するとともに、地域との交流を積極的に行います。
  • 3.
  • 健康増進部門を新たな核として、健診と医療を有機的に機能させ、もって予防医学の新分野を研究開発します。

 

基本方針

  • 1.
  • 人間ドック、特定健診および特定保健指導の実績年々向上させます。
  • 2.
  • 健診結果を有機的に活用して、効率的かつ合理的な診療をおこない、早期治療に努めます。また、他の医療機関との連携を図ります。
  • 3.
  • 栄養講座・運動療法講座などを開催し、地域との交流を通じ、健康意識の向上を図ります。
  • 4.
  • 職員の技能と知識の向上を図るとともに、多能化を着実に行います。
  • 5.
  • 健康増進部門では、具体的な運動指導や栄養指導、保健指導を通して地域の方々の心と身体の健康増進を目指します。そして、多面的な地域連携を図り、地域の人達の健康増進に努めます。

平成20年11月26日制定
平成24年4月1日一部改正
平成30年4月1日一部改正

 

経営理念
 
財団概要

公益財団法人香川成人医学研究所の発展経緯
1979年 8月 全国に先駆けて、香川県が高齢化社会になるといった社会的風潮の中で、老人の精神障害や脳卒中、心筋梗塞、悪性腫瘍、
その他成人疾患(成人疾患対策)を理論的、学究的に追求する機関として、任意団体香川成人医学研究所を設立する。
1979年 9月 財団法人香川成人医学研究所となる。
1983年 4月 初めての論文集「香川成人医研」を創刊。以降、2~3年間隔で定期的に刊行。予防医学の世論形成に貢献。
1986年 4月 毎年、厚生省科学研究費補助金からの助成を受けて、老年期痴呆並びに成人病疾患の予防的基礎研究の分野で研究活動を展開する。
以来、日本透析医学会、日本脳ドッグ研究会、全日本病院学会、香川県検査技師会、日本総合健診医学会、日本臨床衛生検査学会、
ヨーロッパ消化器学会、等々に数多くの研究論文を発表してきた。
1995年 6月 香川県より、政府管掌健康保険の保険施設として認可を受けると同時に香川県と「政府管掌健康保険成人病予防健診委託契約」を締結
2008年11月 坂出市横津町に新たな建物を建てて、健診部門、診療部門、メディカルフィットネス部門を併設した三位一体の予防医学施設として
新たにスタートする。
2009年 4月 公益財団法人の移行申請書を香川県に提出する。
2012年 3月 香川県より公益法人としての認定証を受領する。
2012年 4月 公益財団法人香川成人医学研究所 登記完了。
2013年11月 創立35周年記念事業を行う。
2014年 4月 新規に最新の機能を装備した健診バスを1台導入・稼働する。
2014年 5月 通所型介護予防施設(健康空間さかいで)を新規に開設する。
2015年 5月 通所型介護予防施設(健康空間さかいで)を次元付きで閉鎖
2015年10月 移動健診業務の合理化に着手する(健診バス1台体制)。
2016年 8月 事務棟の新築(竣工)
2017年 3月 研究所建物(上屋)の買い取り・登記
2017年 7月 メディカルフィットネスと保健指導に関わる業務内容の見直しに着手
2018年 3月 メディカルフィットネス部門の廃止
2018年 4月 保健指導部門を健康増進部門に名称変更し、健康維持・増進プログラムを導入する。
公益財団法人香川成人医学研究所 公開情報
当研究所の決算内容や予算計画書など公開情報については
以下の全国公益法人協会情報公開サイトで公開しております。
http://www.koueki.jp/disclosure/ka/kagawa_seijinigaku/
公益財団法人香川成人医学研究所の場所
財団法人香川成人医学研究所の発展経緯
財団法人香川成人医学研究所の発展経緯